十人十色のお葬式 こころの風 十人十色の社員ブログ

もしもの時も24時間ご対応いたします。電話番号 0120-19-5562

盆栽鑑賞

盆栽鑑賞さいたま市に大宮盆栽村(さいたま市北区盆栽町)と呼ばれる地域があります。
かつて、東京の千駄木周辺に住んでいた盆栽業者が、関東大震災で壊滅した東京を離れ、集団でこの地に移住されたそうです。
そこにある大宮盆栽美術館に立ち寄ってみました。
それまでは、『盆栽=(イコール)お爺さんの趣味』との固定観念があったのですが、日本庭園を鑑賞するのは好きなので、一度はじっくりと観てみるのも面白いかと思ったのです。
まず最初に驚かされたのが、そのスケールでした。
展示されている盆栽はどれも大きく、両手で抱えられない程の大きさがありました。
実家の庭にもいくつか鉢植えはありましたが、迫力が段違いで終始圧倒されっぱなしでした。
また、個々の鉢の中で世界観を表現しており、里山や雲、滝、龍に見立てたものも有りました。
様々な樹で構成される庭園とは違って、盆栽はその1鉢だけで作品が完成されているものが多いです。
同じ鉢の中にメインの樹があり、根の張り方、幹の色、枝葉の茂り方などついつい上の方ばかり視線が行きますが、根の周りの苔むした部分も世界観に大きく影響しています。
中には、いくつかの盆栽を組み合わせて一つの庭園を表現している作品もあり、そちらも素晴らしかったです。
庭園に比べれば盆栽は小さな空間ですが、庭園に勝るとも劣らない凝縮された魅力に溢れる作品だと感じました。
職員の方が盆栽に水をあげている姿を見て、十分に『涼』を感じ取ることが出来ました。

十人十色の社員ブログ 一覧に戻る

岩﨑

 

↑ PAGE TOP