十人十色のお葬式 こころの風 十人十色の社員ブログ

もしもの時も24時間ご対応いたします。電話番号 0120-19-5562

「美味しい」は「うれしい」

「美味しい」は「うれしい」 共通の趣味を通して知り合った友人に誘われ、自分たちで調理をしてそれを食べるという集まりに参加しました。
中学時代の調理実習で何の手順を間違えたのか、結果として謎の「ケーキもどき」な料理を完成させ、家庭科の先生から大目玉を食らった、そんな過去を持つ私は断ろうと当初は考えました。
が、その時、「ここで汚名を返上しないと中学時代の惨劇が一生ついて回るよ」という天の声が聞こえ、参加することに決めました。
皆さんがポークピカタや煮込みスープなど手が込んだものを作る中、私はパンケーキやクレープのような材料を混ぜて焼くような簡素な料理。
こんなのじゃ鼻で笑われるかなぁと不安でしたが、作った傍から料理が消えていき、皆さんの胃袋に収められる光景にそれは杞憂に変わりました。
簡単に作れるものでも美味しいと言ってくれることがとても嬉しく、フライパンを握る手にも力が入りました。
途端、それまで食べることに終始していた男性が少し恥ずかしそうに「昔、姉と作って以来だけど私にも作らせてくれないかな」と一言。
二つ返事でフライパンを託すと、おぼつかないなりに一生懸命作ってくれました。
「食」で一番大事なことはなんでしょう?
食欲のまま好きなものだけを食べること?
お金にものを言わせて高級料理を食べること?
この日、少なくとも私の中での答えは「プロもアマチュアもビギナーも分け隔てなく皆で楽しく作って、美味しく食べること」になりました。
日取りは未定ですが、次回も開催予定らしいので、それまでにレパートリーを増やしておかなくてはいけません…。

十人十色の社員ブログ 一覧に戻る

小金丸

 

↑ PAGE TOP